企業様へ

大学生へ

SDGsフォーカス

ラムサール条約登録湿地を体験できる「世界湿地の日まつり2020」2月9日開催!

2020.01.16 (木)

 
 千葉県習志野市にある習志野市谷津干潟自然観察センターが、ラムサール条約により定められた『世界湿地の日』にちなみ、2020年2月9日(日)にイベント「世界湿地の日まつり2020」を開催する。

 当日はセンターの入館料が無料となり、干潟の自然環境や生き物・生物多様性などについて様々なプログラムを体験することができる。

 同センターでは、毎年恒例のイベントとして「世界湿地の日まつり」を毎年開催。昨年は2,073名が入館し、地域の自然から地球環境まで多くの入館者が楽しんだ。

 今回のイベントでは、東京湾に残された貴重な『谷津干潟』を知ることができる企画として、普段は入ることができないエリアでのプログラムや海藻「アオサ」を使った紙すき体験のほか、工作体験や干潟の恵みに関する飲食メニューも販売される。
 

 
 1971年2月2日にイランで採択された『ラムサール条約』とは、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」のことで、イランの地方都市ラムサールにおいて締結されたことから通称『ラムサール条約』と呼ばれるようになった。

 世界湿地の日には、湿地の恩恵や価値に目を向け、その維持と賢明な利用を達成するというラムサール条約や同条約の目的を達成するために、同条約について一般に啓発する取り組みが、世界中で行われている。
 

 
 東京湾の最奥部に残された約40haの干潟である『谷津干潟』は、水鳥の生息や水の浄化など様々な働きを持つ干潟などの湿地を保全し、ワイズユース(賢明な利用)することを目指す「ラムサール条約登録湿地」に指定されており、日本の干潟として始めてラムサール条約に登録した場所でもある。

<イベント概要>
日程:2020年2月9日(日)10時〜15時
会場:千葉県習志野市谷津干潟自然観察センター

イベント詳細はコチラから!

https://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/

オススメ記事

田中将大、則本昂大、松井裕樹ら 宮城県被災地エリアで小学生と交流「子供達に元気や笑顔を与えられる機会になれば」

SDGsフォーカス    1月24日(金)、プロ野球選手の田中将大選手(ニューヨーク・ヤンキース)をはじめ、東北楽天ゴールデンイー … 続きを読む»

車いすバスケットボール鳥海連志選手&トライアスロン秦由加子選手 東京パラリンピック意気込み語る「金メダル」「表彰台」

SDGsフォーカス    1月23日、写真家で映画監督の蜷川実花氏がクリエイティヴ・ディレクションするグラフィックマガジン『GO … 続きを読む»

少子高齢化が進む船橋若松団地 居住者の78%は60歳以上…どのように地域を活性するか!?

SDGsフォーカス    少子高齢化が進む千葉県船橋市の若松2丁目団地。働き手世代が首都圏に多数流入している高度経済成長期(昭和4 … 続きを読む»

【SDGs調査レポート】小学生の母親 SDGs認知度は25%と低い結果に!

SDGsフォーカス    プログラミングやSDGsなどの新たな学びに関するメディア「みらいい」を運営する株式会社イノビオット(本社 … 続きを読む»

LGBTQ支援! 市民参加型チャリティスポーツイベント「東京レインボーマラソン2020」4月5日(日)に開催! エントリーが開始!

SDGsフォーカス    多様性ある社会への理解を促進し、LGBTQを含むセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ)を支援する … 続きを読む»

人口増加率世界13位タンザニア 公立学校の問題点「教師が教室に来ない」 学校建設で教育向上を図る!

SDGsフォーカス    主に日本・アフリカで活動する特定非営利活動法人コンフロントワールドが、タンザニアのムトワラ州・マサシ県に … 続きを読む»

日本の移民事情知ってる? 写真展『ニッポン複雑紀行』が新宿御苑前で開催!

SDGsフォーカス    難民も移民もそうでない人も、誰もがともに暮らせる社会の魅力や乗り越えるべき課題を伝えるべく、認定NPO法 … 続きを読む»