豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

ラムサール条約登録湿地を体験できる「世界湿地の日まつり2020」2月9日開催!

2020.01.16 (木)

 
 千葉県習志野市にある習志野市谷津干潟自然観察センターが、ラムサール条約により定められた『世界湿地の日』にちなみ、2020年2月9日(日)にイベント「世界湿地の日まつり2020」を開催する。

 当日はセンターの入館料が無料となり、干潟の自然環境や生き物・生物多様性などについて様々なプログラムを体験することができる。

 同センターでは、毎年恒例のイベントとして「世界湿地の日まつり」を毎年開催。昨年は2,073名が入館し、地域の自然から地球環境まで多くの入館者が楽しんだ。

 今回のイベントでは、東京湾に残された貴重な『谷津干潟』を知ることができる企画として、普段は入ることができないエリアでのプログラムや海藻「アオサ」を使った紙すき体験のほか、工作体験や干潟の恵みに関する飲食メニューも販売される。
 

 
 1971年2月2日にイランで採択された『ラムサール条約』とは、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」のことで、イランの地方都市ラムサールにおいて締結されたことから通称『ラムサール条約』と呼ばれるようになった。

 世界湿地の日には、湿地の恩恵や価値に目を向け、その維持と賢明な利用を達成するというラムサール条約や同条約の目的を達成するために、同条約について一般に啓発する取り組みが、世界中で行われている。
 

 
 東京湾の最奥部に残された約40haの干潟である『谷津干潟』は、水鳥の生息や水の浄化など様々な働きを持つ干潟などの湿地を保全し、ワイズユース(賢明な利用)することを目指す「ラムサール条約登録湿地」に指定されており、日本の干潟として始めてラムサール条約に登録した場所でもある。

<イベント概要>
日程:2020年2月9日(日)10時〜15時
会場:千葉県習志野市谷津干潟自然観察センター

イベント詳細はコチラから!

https://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/

オススメ記事

21世紀には日本の6割の砂浜が消滅!? 重大な環境危機に直面している砂浜問題

SDGsフォーカス    2013年に『Sand Wars(サンド・ウォーズ)』というドキュメンタリー映画がフランスで公開されまし … 続きを読む»

「働き方」「職場環境」「多様性」 昆虫“アリ”の社会に持続可能な社会の答えがある? 人間が学ぶべきポイント

SDGsフォーカス    人類より遥か昔から優れた社会を形成している昆虫のアリ。そのアリを長年研究し、著書『アリ語で寝言を言いまし … 続きを読む»

企業は環境問題から逃げてはダメ! 経営・資金調達・人事まで関係するSDGs

SDGsフォーカス    ビジネスの世界で、「SDGs」「ESG投資」という言葉を頻繁に聞くようになった現在。株主や投資家の目は、 … 続きを読む»

「ゴミ清掃芸人」マシンガンズ・滝沢秀一 当事者だから感じる日本のゴミ問題、食品ロス、そして人生

SDGsフォーカス    太田プロダクション所属のお笑い芸人でありながら、週4~5日にゴミ清掃員として働いているお笑いコンビ・マシ … 続きを読む»

SDGsプラス独自目標を掲げる生活クラブ 自らの行動で安心・安全な「消費材」を生み出す!

SDGsフォーカス    生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ)は1965年、東京都世田谷区で主婦たちが牛乳の共同購入 … 続きを読む»

地球温暖化とプラスチック問題はイコール! 日本列島と接している海に海洋プラスチックが最も多い!?

SDGsフォーカス    2020年7月から日本でもプラスチック製のレジ袋有料化がスタート。この有料化の狙いの背景には海洋ごみ問題 … 続きを読む»

地元住民を主役に地域開発で叶えた南町田グランベリーパーク! 都市公園と商業施設が一体となった新しい街づくりの形

SDGsフォーカス    2019年11月13日、東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅(旧名:南町田駅)に、すべてが公園のよ … 続きを読む»