豪田部とは

大学生へ

中田英寿が考える社会貢献のイメージと課題「もっと世の中の多くの人たちが情報をシェアすること」

2017.12.15 (金)

 11日、港区六本木のグランドハイアット東京で、スポーツの力を活用して、社会貢献やソーシャルイノベーションを起こそうとしているアスリートやチーム、団体を表彰する「HEROs AWARD 2017」が初開催された。「HEROs」プロジェクトの発案者であるサッカー元日本代表の中田英寿氏が、報道陣が集まる囲み取材で、社会貢献のイメージについて語った。

「社会貢献って難しく考えがちですけど、結局はみんなの輪を大きくすること。その際に、スポーツは人と人とを繋げる力が強いので、多くの方が(社会貢献の輪に)入りやすい窓口になるんじゃないかと思っています」

 そもそも中田氏が、社会貢献活動のバリエーションを知る機会となったのは、現役時代に参加した“チャリティーマッチ”だったという。

「僕の場合は、運よく現役時代からいろんなチャリティーマッチに呼ばれたことによって、社会貢献ってこういう形があるんだなって、そこで認識した。それまでは、“社会貢献”って寄付や無償の労働をするっていうイメージがあったんですけど、自分がやっていることを違う形で見せるだけで、社会貢献になるんだなって、初めて知ったんです」

 中田氏は2006年にサッカー選手現役を引退し、2008年に一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」を設立。サッカーを通じて世界の問題を解決するべく、チャリティーマッチやサッカー教室を開き、寄付金や収益の一部をアフリカの支援活動などに寄付している。

「TAKE ACTION FOUNDATION」で社会貢献活動に注力している中田氏だが、社会貢献活動の普及について課題点を挙げた。「なかなか情報を仕入れづらい。もっと世の中の多くの人たちが情報をシェアすることによって、みんなが社会貢献っていうものに対して、踏み出しやすくなるんじゃないかな」と情報共有の重要性を語った。

 同表彰式には、「HEROs」アンバサダーを務める萩原智子(バレーボール)、村田諒太(ボクシング)、山本隆弘(バレーボール)、大林素子(バレーボール)、上原大祐(パラアイスホッケー)、佐藤琢磨(モータースポーツ)、根木慎志(車椅子バスケットボール)、井上康生(柔道)らも出席した。
 

 
以下、受賞一覧
『HEROs OF THE YEAR』
宮本恒靖「マリモスト〜小さな橋〜」

『HEROs AWARD 2017』
鳥谷敬「RED BIRD Project」
アンジェラ・磨紀・バーノン「Ocean’s LOVE」
坂本博之「こころの青空基金」
福島ユナイテッドFC「ふくしマルシェ」
世界ゆるスポーツ協会「ゆるスポーツ」

「HEROs」公式サイト

http://sportsmanship-heros.jp

オススメ記事

小泉純一郎元首相 原発ゼロ・自然エネルギー活用へ「政治を動かすのは国民ひとりひとりの力です」

SDGsフォーカス  2月4日、都内にあるコミュニティ施設「よい仕事おこしプラザ」で行われた「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議」の記者 … 続きを読む»

【アンケート調査】消費で重視する点「エシカル消費」3割未満 認知と理解不足が多数「よくわからない」

SDGsフォーカス  SDGsの推進とともに、エシカルに関しても注目が集まっている昨今。消費者は「エシカル消費」に対して、どのような考えやイ … 続きを読む»

21世紀には日本の6割の砂浜が消滅!? 重大な環境危機に直面している砂浜問題

SDGsフォーカス    2013年に『Sand Wars(サンド・ウォーズ)』というドキュメンタリー映画がフランスで公開されまし … 続きを読む»

企業は環境問題から逃げてはダメ! 経営・資金調達・人事まで関係するSDGs

SDGsフォーカス  ビジネスの世界で、「SDGs」「ESG投資」という言葉を頻繁に聞くようになった現在。株主や投資家の目は、企業がどのよう … 続きを読む»

「SDGsと就活」のキーポイントは!? コロナ禍での企業選び「安定か? 挑戦か?」

SDGsフォーカス    大多数の大学生が悩んでいる「就職活動」。これまでは「やりがい」「給料」「福利厚生」「社風」が企業や業界を … 続きを読む»

SDGsプラス独自目標を掲げる生活クラブ 自らの行動で安心・安全な「消費材」を生み出す!

SDGsフォーカス    生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ)は1965年、東京都世田谷区で主婦たちが牛乳の共同購入 … 続きを読む»

京と地球の共生府民会議 「プラスチック削減とふろしき活用」セミナー開催  参加者も8割満足「生活見直すきっかけ」

SDGsフォーカス    京と地球の共生府民会議が8月6日、第20回環境連続セミナー「身近に取り組めるプラスチック削減とふろしき活 … 続きを読む»