企業様へ

インターン生募集

豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

NGOイベント取材報告

難民キャンプの図書館には人生を変える力がある!

早稲田大学3年生 ぺき

2017.11.09 (木)

難民キャンプの図書館は新しい世界、より良い人生の入口。

 
 「図書館青年ボランティアのグループが私達の活動をサポートしています」とセイラーさんと菊池さん。難民キャンプで暮らす私と近い世代、190人以上が「図書館青年ボランティア」として現在活躍しているそうです。
 シャンティ国際ボランティア会の研修を受けた彼らは、子ども達への本の読み聞かせ、人形劇などの活動を続けています。
 その一人、現在23歳の女性、ティクトゥーさんは2歳の時、家族と共にミャンマーから国境を越えバンドンヤン難民キャンプに辿り着きました。彼女はある間違いがもとで13歳から家に閉じこもり、泣いて暮らすような日々を送っていましたが、図書館青年ボランティアの友人から「一緒に外に出ようよ」と誘われ、15歳から活動に加わりました。読み聞かせや人形劇を少しずつ続けるうち、子ども達が喜ぶ姿に接し、周囲の彼女を見る目、評価も好意的に変わり、生きる力がわいてきたそうです。やがて、地区の青年ボランティアのリーダーとなり、一児の母となった今、彼女は図書館員をまとめる仕事をしています。
 「図書館は私にとって学校、新しい世界、光のようなもの。この活動で自信がつき、未来を見ることができた」とティクトゥーさんはセイラーさん達に話しました。そして将来の夢を尋ねると、「いつかミャンマーのカレン州に戻ったら、図書館を建て、子ども達がより良い教育にアクセスできるよう、コミュニティのために働きたい」と答えたそうです。

 もう一人、6歳の時に家族と共にミャンマーからメラアルマン難民キャンプに逃れてきた男性、シーショーさん。彼にとって図書館は第二の家、毎日のようにキャンプの図書館で過ごし、本を読んで絵を描くことが大好きな少年でした。2009年に、シャンティ国際ボランティア会が出版活動の一環として行うコンテストの絵の部門で優勝。2010年に家族とアメリカへ第三国定住をし、人生が大きく変わりました。芸術大学に入学した彼は今年卒業し、アメリカの学校で教えるようになったのです。
 セイラーさん達に彼から届いたメールには、「アメリカへ移ってから、自分は世界の一部になったと初めて感じた。自分にも学ぶ権利があり、何でもできる自由があることを知った」と書かれていたそうです。そして、「こうしてプロのアーティストになることができた、その全ては図書館から始まった」と感謝の言葉が添えられていました。
 


▲「全ては図書館から始まった」と語る、アメリカへ第三国定住したシーショーさんが描いた絵本。
 
 難民キャンプの図書館活動の成果をはかるのは簡単ではないと菊池さんやセイラーさんは話していましたが、この二人のストーリーを通して、本や図書館が夢を描くこと、より良い人生を築くことに貢献していると私は思います。

1 2 3 4

オススメ記事

ソフトバンク、豪田ヨシオ部 「 小学生にスマホってありですか?」 親子討論会レポート

突撃!豪田ヨシオ部    こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、日本大学3年のゆかです。  「コミュニケーション」「ショッピング」 … 続きを読む»

「第11回大学対校!ゴミ拾い甲子園」開催決定! 平成最後のゴミ拾いをみんなで楽しもう!!

突撃!豪田ヨシオ部    荒川河川敷を舞台に2013年から続く「大学対校! ゴミ拾い甲子園」。記念すべき第11回目は、12月9日( … 続きを読む»

アンケート調査実施!東京オリンピック・東京パラリンピックボランティア!! 現時点で参加したい大学1.2年生は47.7%!!

突撃!豪田ヨシオ部    こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学3年の“ポン”です!    2013年に202 … 続きを読む»

聴覚障害者は276,000人 「手話言語」が社会進出の鍵!

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  現在、日本には聴覚障害者の方が何人いる … 続きを読む»

日本は手話言語の後進国!? ︎制度の確立には遠い道のり

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  突然ですが質問です! みなさん、9月2 … 続きを読む»

大学生262名の防災意識を調査 「災害時に自分の身を守る自信アリ」19.8% 

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年生のぺきです。  日本で暮らしている限り、私たちの生活と隣り合わせと … 続きを読む»

他人からのイメージとセルフイメージ ありのままの自分とは… 〜「服の前に、レッテル脱ごう。」体験レポート〜

突撃!豪田ヨシオ部    こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。2018年8月2日に、東京都高 … 続きを読む»

お茶の水女子大がトランスジェンダー学生受け入れへ! その意味をお茶大生と考えてみた

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう。豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  7月10日、お茶の水女子大学(東京都文京区)は、戸籍上は男 … 続きを読む»

『SDGs』にもつながる記念すべき「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」活動レポート〜全てが過去最大規模〜

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! インターン生のノッチです。  6月に入り、ジメジメとした暑さが続きますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか … 続きを読む»

協賛企業は史上最多! ご担当者様が語る「第10回大学対校! ゴミ拾い甲子園」の魅力

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年の“ぺき”です!  みなさん、今年もこの季節がやって来ました! 今 … 続きを読む»