豪田部とは

大学生へ

大学対校!ゴミ拾い甲子園

ゴミ拾いで若者の地元愛が芽生えた!! プラごみ問題も実感「大学対校! ゴミ拾い甲子園in新潟県 2022」

2022.11.22 (火)

「大学対校! ゴミ拾い甲子園」は“地元愛醸成”にもつながる!

 そして今回、豪田ヨシオ部は、「SDGs活動」と「地域定着」の関連性を調査するために、以下のような質問を参加学生に実施しました。

「今回のような地元でのSDGs活動を通じて、ご自身で考えた際、地元定着に繋がると思いますか?(社会貢献活動により地元愛が深まり、その地域に定住・就職するというイメージ)」

 この質問には、76.8%が「YES」と回答しました。なぜそのように答えたのか、理由を紹介します。
 

「こうした小さな、細やかな形でのボランティアは誰にでもできるが、確かに地域社会に貢献できる。やり甲斐も有り、他人との交流のきっかけにもなるのでちゃんと地域定着につながると思った」(新潟県立大学国際地域学部・交換留学生・女性)

「生まれた地域を皆で綺麗にすることで、更に愛着を持って貰えると感じた」(開志専門職大学アニメ・漫画部・2年・女性)

「SDGs活動を行いながら、地域住民同士の交流等により、地元に対する関心などが深まると思われるから」(新潟医療福祉大学社会福祉学部・3年・男性)

「大学や団体ごとにすることで若さ故の団結力などが駆動力になる。また知っているが関わることの少ない問題に対して意欲的になると思う」(新潟食料農業大学食料産業学部・2年・女性)

 地方では、大学生代を中心とした若者の人口減少により、次世代の担い手が減ってきています。このようなゴミ拾い活動は、単に清掃活動や環境啓発の意味だけでなく、“地元愛を醸成”することにも繋がることがわかりました。

「大学対校! ゴミ拾い甲子園」を通じて、“新潟県での環境活動が活発になり、若者たちが自分達の土地に根付き、地元で活躍する”というビジョンも見えた大会だったのではないでしょうか。

 来年は参加者100名を目指しましょう!! また、お会いできるのを楽しみにしています!
 

1 2 3

オススメ記事

【SDGs ボランティア】専門学生も参加OK「大学対校! ゴミ拾い甲子園in新潟県 2022」開催決定!

イベントレポート  昨年に初めて新潟県で開催した「大学対校! ゴミ拾い甲子園」! 今年も11月5日(土)に新潟県で大会を開催します! 前大 … 続きを読む»

「プラごみ削減・資源循環」推進! 「第18回 大学対校!ゴミ拾い甲子園 in埼玉県」開催!

イベントレポート  11月27日(日)に埼玉県内にて、SDGs大人気イベント「第18回 大学対校!ゴミ拾い甲子園 in埼玉県」を開催します … 続きを読む»

「世界環境デー」に過去最多の31大学・385名が集結! Z世代がSDGsに貢献「第17回 大学対校!ゴミ拾い甲子園」レポート!

イベントレポート  6月5日に「第17回 大学対校!ゴミ拾い甲子園」を開催! 2年ぶりに東京都荒川の河川敷でゴミ拾いをしました!  今回、 … 続きを読む»

Z世代がプラごみ問題に取り組む「第17回 大学対校!ゴミ拾い甲子園」開催!

イベントレポート  様々な大学の学生だけが集まるゴミ拾いイベントとして、国内最大級の規模を誇る「第17回 大学対校!ゴミ拾い甲子園」を6月 … 続きを読む»

「大学生限定 ゴミ拾いイベント in神奈川県」開催! 他大学の学生と交流しながらボランティアできる!

イベントレポート  「大学生限定 ゴミ拾いイベント in神奈川県」を5月22日(日)に、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で開催します! 豪田ヨ … 続きを読む»

地方公務員なるには? “大学生活の過ごし方”「コミュニケーション能力向上」が重要! 札幌市役所職員さんとの交流会開催!!

イベントレポート  豪田ヨシオ部は2月22日、現役大学生を対象にした「北海道札幌市役所の若手職員さんと直接話せる【就活・キャリア】オンライ … 続きを読む»

「地方公務員」「地方創生」「I・Uターン就活」に興味のある大学生にオススメ! 大人気エリア・北海道札幌市の若手職員さんとのオンライン交流会を開催!

イベントレポート 「地方公務員志望」の大学生はもちろんのこと、「I・Uターン就活」「北海道・札幌市」「地方創生」に興味のある大学生にもオス … 続きを読む»