企業様へ

インターン生募集

豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

「大学対校! ゴミ拾い甲子園」初期メンバー、全てがゼロからのスタート…アイディアと行動力で企画を実現!!

2017.05.26 (金)

こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学3年の“がっきー”です! 
今年もこの季節がやってきました!! 6月11日(日)に「第8回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」が開催されますよ!
 
現在、豪田ヨシオ部は「大学対校! ゴミ拾い甲子園」の準備のために奔走しておりますが、今回のイベント開催に際して、同企画を立案実行した豪田ヨシオ部のインターン一期生に話を伺いました。まずは、豪田ヨシオ部で初のインターン生となった慶應義塾大学卒業生のイチカワ先輩(現在・某大手企業に勤務)です。
 

“六大学野球”から閃いたアイディア!


インターンの作業をする豪田ヨシオ部先輩たち
 
そもそも、「大学対校! ゴミ拾い甲子園」(2013年12月開催)を発案したのは、イチカワ先輩だったそうです。
「ゴミ拾いと何か面白いモノを組み合わせないと、単純に大学生が集まらないかなと思いまして…。私自身は野球が好きなので、“六大学野球”からアイディアが閃いて、大学対校戦という企画にしました」と説明してくれました。
 
企画のコンセプトが決定したのは良かったそうですが、当初は思うように参加大学生が集まらなかったようです。
「メールやSNSを通じて連絡しましたが、ほぼ反応がなかったので、正直焦りました。そこでインターン生がそれぞれ各大学の学園祭に出向き、ボランティアサークルなどに声をかけました」。
この声かけがターニングポイントとなり、「第1回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」では50〜60名の大学生を集客したのです。
 
最後に、豪田ヨシオ部のインターンを通じて得たモノを伺いました。
「段階を想定してタスクをこなすっていうのは、今の仕事にも役立っていますね。企画して人を集めてやるっていうのは、役に立っているかな。正直、豪田ヨシオ部のインターンの仕事はレベルが高いと思います。社会人5年目ぐらいと比べると、まだ豪田ヨシオ部でやっていることの方が、仕事の規模としては大きいかなと思います」。
 

前例がないため、とにかく“必死”!


シガ先輩:後列左、タバタ先輩:後列右、キクチ先輩:前列左から4番目
 
さらに、初期メンバーである慶應義塾大学卒業のタバタ先輩、早稲田大学卒業のキクチ先輩、中央大学卒業のシガ先輩にもコメントをいただきました。
 
タバタ先輩は、「前例がないため、何もかもが新しいことばかりで、当日が終わるまでは不安は拭えなかった気がします。ただ、本当に周りのメンバーが優秀だったので、この中で『自分も何かしら爪痕を残さないと!』という思いで必死になっていました」。
 
キクチ先輩は、「イベントに熱中してくれている人を見て、感慨深かったですね。厳しいこともありましたけど、自分の性格的に『成功させないと!!』という気持ちで必死にやっていました。この感覚は、社会人としての姿勢にも通じていると思います」。
 
シガ先輩は、「同イベントを企画した時に、“大学生が大学の垣根を越えて交流すること”を一つのゴールとしてやってきたので、各大学間で交流が生まれたのはとても嬉しかったです」。
 
毎年、多くの大学生を巻き込み、年々認知度も高まってきている「大学対校! ゴミ拾い甲子園」は、初期メンバーの熱意と努力によって立ち上がったイベントです。私たちも先輩方に負けないように、「大学対校! ゴミ拾い甲子園」をもっともっと盛り上げていきたいと思っています!! まだまだ「第8回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」へのエントリーは受け付けていますので、みなさん是非応募してくださいね!
 
応募はこちらから!
https://docs.google.com/forms/d/1K6bCJfBBErlwK3Yct35a67sylvUqaTUTreEQKQUmlO0/edit
 
(次回予告)
次回も興味深い特集記事を掲載しますので、楽しみにしていてください!

オススメ記事

「第11回大学対校!ゴミ拾い甲子園」開催決定! 平成最後のゴミ拾いをみんなで楽しもう!!

突撃!豪田ヨシオ部    荒川河川敷を舞台に2013年から続く「大学対校! ゴミ拾い甲子園」。記念すべき第11回目は、12月9日( … 続きを読む»

アンケート調査実施!東京オリンピック・東京パラリンピックボランティア!! 現時点で参加したい大学1.2年生は47.7%!!

突撃!豪田ヨシオ部    こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学3年の“ポン”です!    2013年に202 … 続きを読む»

聴覚障害者は276,000人 「手話言語」が社会進出の鍵!

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  現在、日本には聴覚障害者の方が何人いる … 続きを読む»

日本は手話言語の後進国⁉ ︎制度の確立には遠い道のり

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  突然ですが質問です! みなさん、9月2 … 続きを読む»

大学生262名の防災意識を調査 「災害時に自分の身を守る自信アリ」19.8% 

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年生のぺきです。  日本で暮らしている限り、私たちの生活と隣り合わせと … 続きを読む»

他人からのイメージとセルフイメージ ありのままの自分とは… 〜「服の前に、レッテル脱ごう。」体験レポート〜

突撃!豪田ヨシオ部    こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。2018年8月2日に、東京都高 … 続きを読む»

お茶の水女子大がトランスジェンダー学生受け入れへ! その意味をお茶大生と考えてみた

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう。豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  7月10日、お茶の水女子大学(東京都文京区)は、戸籍上は男 … 続きを読む»

『SDGs』にもつながる記念すべき「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」活動レポート〜全てが過去最大規模〜

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! インターン生のノッチです。  6月に入り、ジメジメとした暑さが続きますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか … 続きを読む»

協賛企業は史上最多! ご担当者様が語る「第10回大学対校! ゴミ拾い甲子園」の魅力

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年の“ぺき”です!  みなさん、今年もこの季節がやって来ました! 今 … 続きを読む»

東京レインボープライドの季節! 男らしさ、女らしさって何かしら?

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう、豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  「女のくせに」「女だてらに」とか「男まさり」と言われ続けて … 続きを読む»