豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

【アンケート調査】消費で重視する点「エシカル消費」3割未満 認知と理解不足が多数「よくわからない」

2021.02.01 (月)

 SDGsの推進とともに、エシカルに関しても注目が集まっている昨今。消費者は「エシカル消費」に対して、どのような考えやイメージを持っているのでしょうか。

 楽天インサイト株式会社が実施したアンケート結果によると、日々の消費において重要視する点について、「エシカル消費」にあてはまる理由を挙げた回答は3割未満だったことが、わかった。

【調査概要】
調査エリア:全国
調査対象者:20歳~69歳 男女(人口構成比)
回収サンプルサイズ:1,000サンプル(約220万人のモニターの中から)
調査期間:2020年12月22日(火)から12月23日(水)
調査実施機関:楽天インサイト株式会社

「エシカル消費」とは、 消費者それぞれが各自にとっての社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援したりしながらエシカル(倫理的)な消費活動を行うことを意味する。

日々の消費で「エシカル消費」の関連項目を重視する回答は3割未満

 日常の買い物で「消費において重視する点」を聴取したところ、上位は「値段」(77.3%)、「品質」(66.3%)、「機能」(54.4%)の3つとなった。そして、「生産地」(27.3%)、「環境に配慮していること」(17.6%)、「生産・運営している企業」(14.7%)、「生産者や生産過程がみえること」(12.4%)など、「エシカル消費」にあてはまる点を重視する回答は3割未満にとどまった。

 ただ女性50代・60代においては、「生産地」(50代:39.4%、60代:48.6%)、「環境に配慮していること」(50代:29.8%、 60代:28.0%)が全体より10ポイント以上高い結果となった。
 

 
「エシカル消費」をしない主な理由は「よくわからないから」

「エシカル消費」の行動をしたことがないと答えた人に、その理由を聞いたところ、最も多かった回答は「よくわからないから」(65.8%)。次いで「『エシカル消費』がどのようなものか知らなかったから」(18.5%)が多く、「エシカル消費」自体の認知、具体的な行動についての理解が十分に浸透していない様子がうかがえた。

 ちなみに今回の調査で「SDGs」の認知度は約50%だった。

オススメ記事

小泉純一郎元首相 原発ゼロ・自然エネルギー活用へ「政治を動かすのは国民ひとりひとりの力です」

SDGsフォーカス  2月4日、都内にあるコミュニティ施設「よい仕事おこしプラザ」で行われた「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議」の記者 … 続きを読む»

21世紀には日本の6割の砂浜が消滅!? 重大な環境危機に直面している砂浜問題

SDGsフォーカス    2013年に『Sand Wars(サンド・ウォーズ)』というドキュメンタリー映画がフランスで公開されまし … 続きを読む»

「働き方」「職場環境」「多様性」 昆虫“アリ”の社会に持続可能な社会の答えがある? 人間が学ぶべきポイント

SDGsフォーカス    人類より遥か昔から優れた社会を形成している昆虫のアリ。そのアリを長年研究し、著書『アリ語で寝言を言いまし … 続きを読む»

「SDGsと就活」のキーポイントは!? コロナ禍での企業選び「安定か? 挑戦か?」

SDGsフォーカス    大多数の大学生が悩んでいる「就職活動」。これまでは「やりがい」「給料」「福利厚生」「社風」が企業や業界を … 続きを読む»

「ゴミ清掃芸人」マシンガンズ・滝沢秀一 当事者だから感じる日本のゴミ問題、食品ロス、そして人生

SDGsフォーカス    太田プロダクション所属のお笑い芸人でありながら、週4~5日にゴミ清掃員として働いているお笑いコンビ・マシ … 続きを読む»

京と地球の共生府民会議 「プラスチック削減とふろしき活用」セミナー開催  参加者も8割満足「生活見直すきっかけ」

SDGsフォーカス    京と地球の共生府民会議が8月6日、第20回環境連続セミナー「身近に取り組めるプラスチック削減とふろしき活 … 続きを読む»

地球温暖化とプラスチック問題はイコール! 日本列島と接している海に海洋プラスチックが最も多い!?

SDGsフォーカス    2020年7月から日本でもプラスチック製のレジ袋有料化がスタート。この有料化の狙いの背景には海洋ごみ問題 … 続きを読む»