企業様へ

インターン生募集

豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

コミュニケーション能力の高い若者に出会える貴重なイベント! 選考では見えてこないありのままの大学生との交流に満足!

株式会社京樽 人材開発部

岡部岳子

大学対校! ゴミ拾い甲子園


「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」のメインスポンサーである株式会社京樽様。業界をけん引する老舗企業がなぜ、協賛に踏み切ったのでしょうか? 人材開発部の岡部岳子様にその理由やイベントに参加してみての感想を伺いました。
株式会社京樽様は1932年に京都府の割烹料理店として創業。テイクアウト事業においては、上方鮨「京樽」、高級上方鮨「関山」、江戸前鮨「すし三崎港」などを百貨店やスーパー、駅ビルなどへ出店。 イートイン事業では、「海鮮三崎港」、「すし三崎丸」などを商業施設等に出店しています。飲食業界で初めてメニューのカロリー表示を実施するなど、伝統と先進性を併せ持つ飲食業界のパイオニアです。
「ぜひ今度、京樽のお鮨を買ってみたい!」という声も!!

早稲田大学4年ぺき(以下、ぺき)
「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」のどのような点に共感し、ご協賛していただけたのでしょうか?

岡部岳子様(以下、岡部様)
 協賛の決め手は色々とありますが、会社説明会や選考とは違った角度で学生さんと触れ合えるという点は非常に魅力的だなと思います。選考過程で学生さんと接する機会は何度もありますが、スーツを着ているとどうしてもみんな同じように見えてしまい、学生の素の姿が見えてこないなと日ごろから感じていました。
「大学対校!ゴミ拾い甲子園」では就職活動時とは違い、学生さん側も気を張らず、積極的に私たちに話しかけてくれたので凄く新鮮でした。中には私たちに「僕のこと、覚えていてくださいね」と声を掛けてきてくれたり、大きなゴミを拾う度に嬉しそうに報告してくれる学生さんもいて、とても印象的でした。


優勝チームの学生に賞品のお鮨を贈呈する岡部さん

ぺき:
「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」へのご協賛について、社内的な手応えはいかがでしたでしょうか?

岡部様:
 ゴミ拾い甲子園の参加者は1~3年生が中心なので、“低学年のうちから会社のことを知ってもらう”という部分では効果的なのではないかと思います。参加学生たちからも、「ぜひ今度、京樽のお鮨を買ってみたい!」という声が挙がっていて、その点は大変嬉しかったです。

ぺき:
「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」では特別プログラムとして学生に楽しみながら株式会社京樽様の魅力を知ってもらうために“クイズ de PR” (http://godabu.jp/report/5020/3)という企画を実施しました。クイズ de PRを通して貴社の魅力をたくさんお伝えしていただきましたが、学生にぜひ伝えたい株式会社京樽様のPRポイントを教えてください。

岡部様:
 やはり商品の味・品質へのこだわりは学生さんにぜひ知っていただきたいポイントです。実際に京樽では名物の茶きん鮨に使用する薄焼き卵にヒアルロン酸を加え、食感を向上させるなど、画期的な商品開発を行っています。又、京樽は福利厚生が整っていることに加え、社員同士の仲が凄く良いので、安心して長く働ける環境だと思います。

ぺき:
「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」には社会貢献や環境に興味のある学生がたくさん参加していましたが、貴社が採用において重視されている人物像等があれば教えてください。

岡部様:
 ゴミ拾い甲子園に参加する学生さんたちのように、明るくて元気でコミュニケーション能力が高い方に弊社はピッタリなのではないかと思います。最近はサークルやアルバイトをやらない学生さんも増えているようですが、勉強以外のことにも積極的にチャレンジしている方は魅力的に見えます。

ぺき:
「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」参加者の中には「京樽の説明会に参加しようかな」と呟く学生も見受けられました。参考までに毎年何名程度の学生を採用されているのか教えてください。

岡部様:
 高卒を含め20~30名程度を予定しています。第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園に参加してくれた学生には何らかの特典を考えています。「大学対校!ゴミ拾い甲子園」の参加学生のような、明るく前向きな学生のエントリーが更に増えたら良いなと思います!

■担当者のコメント

早稲田大学4年ぺき

「イベントを通して、選考では見えてこない学生の素の姿を見ることができた」という言葉が非常に印象的でした。「大学対校!ゴミ拾い甲子園」に出場する学生たちは就活目的で参加している訳ではないからこそ、彼らの「何か社会にとって良いことをしたい」という純粋な想いや、ゴミ拾いに熱中する真っすぐな姿勢を見ていただけたのではないかと思います。今回のイベントが企業様・学生の双方にとっても、就活では知り得ない姿を垣間見るキッカケの場となって本当に良かったです。
 今後も社会貢献を切り口にした企業様と学生が交流できる機会をたくさん創出していきたいと思います。

株式会社京樽様のサイトはこちら

お問い合わせ

「大学対校! ゴミ拾い甲子園」のスポンサード、大学生とのオリジナル企画、企業取材などのご要望や ご質問、ご相談などございましたら下記のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。 ※ご相談やお見積りの時点で料金が発生することはございません。

氏名 必須
所属(会社・部署名) 必須
連絡先メールアドレス 必須
電話番号 必須
ご質問・お問い合わせ内容