豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.3 キユーピー株式会社

2016.08.24 (水)

国内鶏卵生産量の10%を使うキユーピー。卵殻を無駄なく活用!

写真4_a_077

 

 マヨネーズの原料といえば卵。日本で生産されている鶏卵の約10%はキユーピーで何らかの形で使われています。1分間に600個の卵を割ることができる高速割卵機で、一つの工場だけでも一日に80万個もの卵を割り、全体では年間でなんと2万5千トンの殻が出ているそうです。これをどうしているのでしょうか。

 1956年に天日干しをした卵殻を工場の近くの農家に肥料として売ったという記録が残っていて、それがキユーピーグループの今の環境に対する活動のはしりになっているそうです。

キユーピー_元気な骨 「60年間にわたり考え続けていた中で、カルシウム補給商品(写真)に利用するなど様々な活用方法を考えてきました。活用の範囲をより広げたいと考え、壁材のタイルにしたり、約5個分の卵の殻を使ったコースターを作ったりもしています」と柳橋さん。またチョークやグラウンドのライン引きなど、卵殻を粉末にしたものを活用することで、環境にも人にも安全で安心なものとして使ってもらえるそうです。卵の殻についている膜についても活用が進んでおり、食品としての活用はもちろん、肌触りのよさから繊維状に加工したり、化粧品にも生かされています。

 

 

 

写真5_a_184

写真6_a_186
写真7_a_182

卵殻を利用したタイル(写真左上)、コースター(写真右上)、チョーク(写真下)

 
 「使える部分は有効利用すべきではないかという考え方から手探りで始め、今では、卵には捨てる部分がない、というところまで広がってきました」と柳橋さん。鶏卵を大量に使うメーカーだからこそ、無駄な部分を無くす努力を続けてきたという強い思いが伝わってきました。

 

1 2 3 4

オススメ記事

ビジネスの根幹を支える障がいのある社員! エフピコが取り組む“戦力”としての障がい者雇用

企業研究  こんにちは! 豪田ヨシオ部インタ—ン、早稲田大学3年生の「ぺき」です。  先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 Vol.4 エステー株式会社

企業研究 エステーの平井芙美加さん(右)と豪田ヨシオ部インターン生のひかり。   ミュージカルの力で世の中に元気を届けた … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.2 ユニクロ~(株)ファーストリテイリング

企業研究 ファーストリテイリングのシェルバ英子さん(右)と豪田ヨシオ部インターン生のカイト(右)   全商品リサイクル活 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.1 LUSH ラッシュジャパン

企業研究 LUSHの高橋さん(左) 豪田ヨシオ部インターン生のZAPPY(右)   創立以来、化粧品のための動物実験に反 … 続きを読む»