企業様へ

インターン生募集

豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.2 ユニクロ~(株)ファーストリテイリング

2016.07.13 (水)

現地に出かけ、課題を知り、解決していくのはビジネスもCSRも同じ

FAST REATING-27_インタビュー中2ショット

 

 「私たちの会社は服を売る店舗、現場が最も重要です。現場には現場の課題があり、現実を知り、何ができるか考える。それが私たちの仕事の根本です」とシェルバさん。CSR活動も同じで、現地へ行き、そこにある課題を知り解決していく。そういうプロセスで進めていきたいと考えているそうです。

 「ですから、お客様から回収した服をUNHCRに託して終わりにはしたくなかったのです」。シェルバさん達は、一緒に服を届けに行き、そこにどんな難民問題があり、服がどのように活用されているのか確かめるようにしました。

 2007年、ネパールの難民キャンプから始まり、今では37か国ほどにユニクロはUNHCRとともに服を届け続けているそうです。シェルバさんは、そのうち15か国ほどの難民キャンプなどを訪ねています。

 

難民問題は遠く離れた国の話ではなく、私たちにもつながっている

 

 シェルバさんは「私たちがグローバルにビジネスをさせていただいている中で、難民問題を知れば知るほど、遠く離れた国の問題ではなく、私たちにもつながっていることだと気づかされました」ともおっしゃっていました。僕もそう思います。この世界で起きていることは決して他人事ではなく、これから僕達が生きていくうえで関わることだと思います。

 

FAST REATING-15_カイトインタビュー中

 

 難民の皆さんはもとは職業があり、医師、弁護士、商売をされていた、そういう方々がある日突然、戦争や紛争などにより故郷、故国を追われ、自分では解決できない過酷な状況にあります。「そういう方々との出会いによって、単に服を届けるだけでなく、私たちができるより本質的なことがあるのではないか」とシェルバさん達は考え、難民の皆さんの自立支援や日本での雇用の重要性に気づかされたそうです。実際に現地へ出かけ、課題を知ったからこそ、わかったことなのです。

 

1 2 3 4

オススメ記事

ビジネスの根幹を支える障がいのある社員! エフピコが取り組む“戦力”としての障がい者雇用

企業研究  こんにちは! 豪田ヨシオ部インタ—ン、早稲田大学3年生の「ぺき」です。  先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 Vol.4 エステー株式会社

企業研究 エステーの平井芙美加さん(右)と豪田ヨシオ部インターン生のひかり。   ミュージカルの力で世の中に元気を届けた … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.3 キユーピー株式会社

企業研究 キユーピーの柳橋尚智さん(左)、田中友紀さん(右)と豪田ヨシオ部インターン生のちびた。   「愛は食卓にある。 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.1 LUSH ラッシュジャパン

企業研究 LUSHの高橋さん(左) 豪田ヨシオ部インターン生のZAPPY(右)   創立以来、化粧品のための動物実験に反 … 続きを読む»