企業様へ

インターン生募集

豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

大学生262名の防災意識を調査 「災害時に自分の身を守る自信アリ」19.8% 

早稲田大学4年 ぺき

2018.09.07 (金)

 こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年生のぺきです。
 日本で暮らしている限り、私たちの生活と隣り合わせと言っても過言ではない自然災害。近年は東日本大震災や熊本地震をはじめ、特に今年は6月に大阪北部地震、7月に西日本豪雨、そして9月には平成30年北海道胆振東部地震が立て続けに発生し、防災・減災に対する意識が高まっています。
豪田ヨシオ部では防災月間である9月を迎えるにあたり、関東・関西の大学1-4年生を中心に防災意識調査アンケートを実施。現役大学生262名から災害や防災にまつわるリアルな声が寄せられました。
 
【アンケート調査概要】
・調査名:【大学生の防災意識調査アンケート】自分の身を守る備え、出来ていますか?
・実査時期:2018年8月24日(木)~ 9月2日(日)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:大学生
・回答者数:262名
性別:男性98人(37.4%)、女性162人(61.8%)、その他2人(0.8%)
学年:1年52人(19.8%)、2年71人(27.1%)、3年54人(20.6%)、4年84人(32.1%)
文理:文系89.7%(235人)、理系10.3%(27人)
 
【質問】
・ご自身が被災されたことはありますか?(一択回答)
・【”ある”と回答された方にお聞きします】次のうちどの災害で被災されましたか?(複数回答)
・災害に備えて何か準備していることはありますか?(複数回答)
・【”何もしていない”と回答した方】防災対策を実施しない理由は何ですか?(一択回答)
・何らかの災害が発生した際に、自分の身を自分で守る自信はありますか?(一択回答)
・災害用伝言ダイヤルを知っていますか?(一択回答)
・お住いの地域の災害危険区域を知っていますか?(一択回答)
・あなたにとって最も備えが必要だと思う災害はどれですか?(一択回答)
 
 アンケート調査の結果、回答者262人のうち13.7%(36人)の学生が被災経験を持つことが分かりました。


●被災したことが「ある」13.7%(36人)、被災したことが「ない」86.3%(226人)
●被災した災害のうち最も多いのが、地震80.6%(29人)、次いで台風・大雨2.8%(1人)、落雷2.8%(1人)、火災2.8%(1人)、洪水2.8%(1人)、津波2.8%(1人)、その他5.6%(2人)という結果に
 
 「災害に備えて何か準備していることはありますか?」という問いに対しては「防災グッズを用意している」が43.1%(113人)、「何もしていない」が32.8%(86人)と高い割合を占めました。

●「防災グッズを用意している」43.1%、「何もしていない」32.8%
 
 又、「何もしていない」を選択した回答者に防災対策を実施しない理由を尋ねたところ、「やる気はあるがつい先延ばしにしてしまう」16.8%(44人)、「何をしたら良いのか分からない」16.4%(43人)という回答が目立ちました。又、「その他」を選択した回答者は、防災対策を実施しない理由として「親が何も対策していないから」「自分のお金で防災グッズを買う気になれないから」といった声が挙がっていました。
 災害大国“日本”で生活しているということもあり、少なからず災害への漠然とした不安や危機意識はあるものの、日ごろから防災行動に移せている学生はまだまだ少ないということがこの結果から窺えます。

 
 そんな中、「災害に備えて何か準備していることはありますか?」という問いに対し、被災したことが「ある」と答えた36人の学生のうち、81%(29人)の学生は防災グッズの用意やハザードマップの確認など、何らかの防災対策を行っていることも今回の調査で分かりました。被災経験のある学生は災害の恐ろしさや避難生活の過酷さを実際に経験しているため、当時の記憶や原体験が行動を起こさせていると推測されます。

 
 「何らかの災害が発生した際に、自分の身を自分で守る自信はありますか?」という質問については、半数近くの学生が「自信がない」と回答。「自信がある」は全体の19.85%に止まりました。又、「分からない」を選択した学生からはその理由として、「自分自身に被災経験がないから」「災害時にパニック状態になってしまいそう」といった回答が特に目立ちました。
 

●「自信がない」42.75%(112人)
・準備をしていないから(日本女子大学、女性、2年、文系)
・焦って何もできなくなってしまいそうだから(中央大学、男性、4年、文系)
・防災知識がないから(昭和女子大学、女性、2年、理系)
・防災に関する知識は持っていても被災したことがないため災害時に知識を活用できるか分からない(東京工業大学、4年、男性、理系)
・一人暮らしで慣れない土地だから(法政大学、女性、2年、理系)
・自分自身が大規模な災害で被災した経験が無いから(お茶の水女子大学、女性、4年、文系)
 
●「分からない」37.4%(98人)
・自分自身が大規模な災害で被災した経験が無いから(日本獣医生命科学大学、男性、1年、理系)
・防災知識はあっても、災害時は焦ってしまうと思うから(国際基督教大学、女性、2年、文系)
・発生する災害によってとるべき行動は異なるから(早稲田大学、男性、2年、文系)
・熊本地震を実際に経験してはいるが、また同じようなことが起きて冷静でいられるか分からない(専修大学、男性、2年、文系)
・パニックになってしまうかもしれないから(専修大学、男性、2年、文系)
・準備していても災害時はシミュレーションどおりにいかないと思うから(東海大学、女性、4年、文系)
 
●「自信がある」19.85%(52人)
・東日本大震災の時に冷静でいられたから(早稲田大学、男性、2年、文系)
・今では情報収集が容易であり、一次災害さえ乗り切れば、二次災害に向けて準備ができるから(筑波大学、男性、3年、理系)
・実際に災害を経験したことがあるため、その時の経験を活かせると思うから(専修大学、男性、2年、文系)
・自分の住む土地のハザードマップ的に、被害が他地域より少ないのは目に見えており、家具の配置や緊急時の通学途中の行動規定も考えてある(成蹊大学、男性、1年、文系)
・大学の文化祭で、東日本大震災5年目の節目で展示を行って以降、災害発生時の対応を様色々と考えているから(相模女子大学、女性、4年、文系)
・若くて体力もあるため何となく自信がある(鎌倉女子大学、女性、4年、文系)
 
 続いての質問は“災害用伝言ダイヤル”の認知度について。「災害用伝言ダイヤル」とは日本で大規模災害が発生した際に、電話を用いて音声による伝言板の役割を果たすシステム。NTT東日本とNTT西日本が運営しており、災害時に被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始されるサービスです。
 2011年3月の東日本大震災発生直後も、携帯電話事業者によっては平常時の50~60倍以上の通話が一時的に集中するなど、災害時は長時間にわたり電話がつながりにくい状態となり、家族への安否確認が思うように出来ない状況に陥ることも。そんな緊急事態の際に大切な人と連絡を取る手段として便利な災害用伝言ダイヤルですが、実際に使用したことが「ある」と回答したのは回答者全体のたった1.9%(5人)。「名前だけ聞いたことはあるが、どういうサービスか知らない」「名前もサービス内容も知らない」のいずれかを回答した学生は全体の半数弱に昇りました。

 
 そしてさらに低い数値を叩き出したのは、住んでいる地域の災害危険区域の認知度。なんと回答者の8割弱が、自分が住んでいる地域の災害危険区域を「知らない」という結果に! 地域住民にハザードマップや防災マップを配布し、防災の重要性を呼びかけたとしても、一部の住民にだけしか理解されないのが現実。行政が地域危険度を住民に周知徹底することや、住民が主体的に情報を取りに行くことがいかに難しいかをこのアンケート結果が物語っています。

●「知らない」77.5%(203人)、「知っている」(59人)
 
 そして「あなたにとって最も備えが必要だと思う災害はどれですか?」という質問に対しては地震77.9%(204人)が最も多く、次いで津波8.8%(23人)、台風・大雨3.8%(10人)、火災3.8%(10人)となりました。

 
 1923年9月1日に関東大震災が発生してから今年で95年。その間、日本では数多くの大規模な自然災害が発生し、その度に多くの方々が被災されてきました。
 
 そしてこの夏、日本は猛烈な暴風雨をもたらした台風21号をはじめ、度重なるゲリラ豪雨など、これまでにない異常気象に見舞われました。又、豪雨や台風によって河川の氾濫や高潮の発生が重なった場合、海抜ゼロメートル地帯にあたる墨田、江東、足立、葛飾、江戸川の九割以上が浸水し、一部地域では水が引くまでに2週間以上の時間を要することも発表されました。
 
 日常の中で1日も欠かさず自然災害や防災について考え、常に気を張って生活することは現実的に難しいかもしれません。だからこそ、「防災月間」に改めて意識を高め、今までの自分の行動や防災に対する考えを一度、見直すことが大切なのではないでしょうか。

豪田ヨシオ部では経験の有無に関わらず、あなたが挑戦できるコトがあります。Webメディアのライター、大手企業への企画営業、学生を集めたイベントの企画・運営、マスコミへの広報活動、etc. チャレンジしたことを形に残し、悔いのない学生生活にしませんか? ご興味のある方は、こちら!見学も大歓迎です!

オススメ記事

聴覚障害者は276,000人 「手話言語」が社会進出の鍵!

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  現在、日本には聴覚障害者の方が何人いる … 続きを読む»

日本は手話言語の後進国⁉ ︎制度の確立には遠い道のり

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  突然ですが質問です! みなさん、9月2 … 続きを読む»

他人からのイメージとセルフイメージ ありのままの自分とは… 〜「服の前に、レッテル脱ごう。」体験レポート〜

突撃!豪田ヨシオ部    こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。2018年8月2日に、東京都高 … 続きを読む»

お茶の水女子大がトランスジェンダー学生受け入れへ! その意味をお茶大生と考えてみた

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう。豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  7月10日、お茶の水女子大学(東京都文京区)は、戸籍上は男 … 続きを読む»

『SDGs』にもつながる記念すべき「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」活動レポート〜全てが過去最大規模〜

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! インターン生のノッチです。  6月に入り、ジメジメとした暑さが続きますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか … 続きを読む»

協賛企業は史上最多! ご担当者様が語る「第10回大学対校! ゴミ拾い甲子園」の魅力

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年の“ぺき”です!  みなさん、今年もこの季節がやって来ました! 今 … 続きを読む»

東京レインボープライドの季節! 男らしさ、女らしさって何かしら?

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう、豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  「女のくせに」「女だてらに」とか「男まさり」と言われ続けて … 続きを読む»

とりあえずやってみようぜ! 長期インターンで脱・普通の女子大生!

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生、お茶の水女子大学新3年のリリィです!   豪田ヨシオ部インターン卒業生のインタ … 続きを読む»

穏やかな表情に隠された熱い思い! イベント参加者からインターン生になった理由に迫る!!

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学新3年の”ポン”です!  豪田ヨシオ部インターン卒業生のインタビュー第 … 続きを読む»

自分の将来と真剣に向き合える! 社会貢献×長期インターンの魅力‼

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生、立教大学新3年のノッチです! 4月に入り、すっかり春の日差しが心地よい毎日です … 続きを読む»