企業様へ

インターン生募集

豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

卒業生インタビュー第2弾

穏やかな表情に隠された熱い思い! イベント参加者からインターン生になった理由に迫る!!

早稲田大学3年 ポン

2018.04.23 (月)

インターンを始めて、企業へのイメージが変化

 
 次に、マスさんがインターン生として行った仕事内容を紹介していきます!
 
 マスさんが最も思い入れあるのはやはり「大学対校! ゴミ拾い甲子園」。まずは、ゴミ拾い甲子園を開催する前、開催後の主な活動内容を紹介します。

《開催前》
・企業に協賛の依頼
 (企業をリストアップしてテレアポする)
・大学生に参加の呼びかけ
 (twitterやメールで呼びかける)
・会場の下見
 (ゴミがどこにあるかや順路の確認)
・首脳会議(参加団体の代表者と行う事前の会議)の開催
 (豪田ヨシオ部やゴミ拾い甲子園についての説明。顔合わせでアイスブレイク 
 の実施)
・届いた協賛品をSNSにアップ
 (協賛品がより魅力的に見えるよう試行錯誤し、写真を撮る業務)

《開催後》
・協賛企業へ、ゴミ拾い甲子園の報告書の提出
 (当日の学生の様子や行ったアンケートの結果をまとめた資料を作成し、お礼のメールを書いて送る)
 

▲協賛企業から提供していただいた商品の持ち方、立ち方まで考え、SNSにUP
 
 「大学の学園祭に行き、ゴミ拾い甲子園の紹介をして、学生が興味を持ち実際に参加してくれて参加者を増やせたことが特に嬉しかった」

 11月の第1週に学園祭を開催している都内の大学を30程度リストアップし、インンターン生で周れる範囲で15大学程厳選。豪田ヨシオ部やゴミ拾い甲子園の説明をして、「ボランティア活動やサークル内交流の一環として如何ですか?」という風に呼びかけた、という具体的な参加者へのアプローチも教えてくれました!

 実は同じインターン生のノッチはマスさんに誘われて「第9回! 大学対校ゴミ拾い甲子園」に参加したうちの1人なんですよ!
 

▲「第9回大学対校! ゴミ拾い甲子園」首脳会議の様子。奥で説明してるのがマスさんです!
 
 そして、企業への営業活動では実際にアポイントの取れた企業へ赴いて、豪田ヨシオ部の説明をしたこともあったそうです。

 「企業は堅苦しいイメージがあって、学生が営業に行っても断られるのかと思っていましたが、実際に足を運んでみて、企画を持ち込むと興味を持ってくれました。真摯に話を聞いてくれて面白そうとか興味があるとか言ってくださる方が多かったです」

 自分のやりたいことを企業に提案できるのも豪田ヨシオ部ならではですね!

 もちろん、インターンを始めて、大変だったこともあったそうです。しかし、マスさんは大変だったこともポジティブに捉えていました!

 「どの企画にしても様々な方が協力してくれている。その方々のために一生懸命やればいい。企業のリストアップや営業等の大変さを学生のうちに豪田ヨシオ部で味わえて、社会人になって活かせるいい経験になった」
 

成長! 僕がインターン生になってできるようになったこと!

 
 4月からは新社会人! 自分のなりたい社会人像を語ってくれました!

 「業界・職種が違ってもメールや電話、人とのコミュニケーションは、どこの業界でも必要になってきますし、自分の就職先でも必要。豪田ヨシオ部でやってきた経験を活かして同期よりも1歩先に出ていい意味で目立ちたい」

 マスさんは以前、自分の年齢と近い人としか話せなかったが、豪田ヨシオ部でインターンをしてから、企業の人と話すようになり、社会人の方々にも積極的にコミュニケーションを取れるようになったそうです!

 「優秀な学生たちと仕事をするから一緒に仕事してくだけで得られるものがたくさんある。自分が他の人に比べて足りないとこも発見できる。普通のバイトや学生生活では絶対得られない経験ができるとこが魅力。斬新な発想する人とかがいて刺激になるし成長できる」

 最後にマスさんがこれから「豪田ヨシオ部」に入ろうと考えている人や、迷っている人たちへのメッセージをくれました。

 「迷っているなら是非ここに来てください。迷っているってことは、興味があることだから、話を聞くだけでも来てください。豪田ヨシオ部での活動は他の大学生にすごい差をつけられる。社会のことを大学生のうちに知れることはアルバイトでは経験できないことが身につくし、コミュニケーション能力が身につくので入って損はないです」

 

▲SNSのUPで撮影慣れしてるマスさん!さすがです!
 
 マスさん、インタビューありがとうございました。

 まだまだひよっこですが、私も負けないように頑張ります! そして、マスさんが毎回参加してきた「大学対校! ゴミ拾い甲子園」は記念すべき10回目が6月3日(日)に行われます。既に募集も始まってますよ! 詳細はコチラ!

豪田ヨシオ部では経験の有無にかかわらず、あなたが挑戦できるコトがあります。 Webメディアのライター、大手企業への企画営業、学生を集めたイベントの企画・運営、マスコミへの広報活、etc. チャレンジしたことを形に残し、悔いのない学生生活にしませんか? ご興味ある方は、こちら!見学も大歓迎です!!

1 2

オススメ記事

聴覚障害者は276,000人 「手話言語」が社会進出の鍵!

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  現在、日本には聴覚障害者の方が何人いる … 続きを読む»

日本は手話言語の後進国⁉ ︎制度の確立には遠い道のり

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  突然ですが質問です! みなさん、9月2 … 続きを読む»

大学生262名の防災意識を調査 「災害時に自分の身を守る自信アリ」19.8% 

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年生のぺきです。  日本で暮らしている限り、私たちの生活と隣り合わせと … 続きを読む»

他人からのイメージとセルフイメージ ありのままの自分とは… 〜「服の前に、レッテル脱ごう。」体験レポート〜

突撃!豪田ヨシオ部    こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。2018年8月2日に、東京都高 … 続きを読む»

お茶の水女子大がトランスジェンダー学生受け入れへ! その意味をお茶大生と考えてみた

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう。豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  7月10日、お茶の水女子大学(東京都文京区)は、戸籍上は男 … 続きを読む»

『SDGs』にもつながる記念すべき「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」活動レポート〜全てが過去最大規模〜

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! インターン生のノッチです。  6月に入り、ジメジメとした暑さが続きますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか … 続きを読む»

協賛企業は史上最多! ご担当者様が語る「第10回大学対校! ゴミ拾い甲子園」の魅力

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年の“ぺき”です!  みなさん、今年もこの季節がやって来ました! 今 … 続きを読む»

東京レインボープライドの季節! 男らしさ、女らしさって何かしら?

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう、豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  「女のくせに」「女だてらに」とか「男まさり」と言われ続けて … 続きを読む»

とりあえずやってみようぜ! 長期インターンで脱・普通の女子大生!

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生、お茶の水女子大学新3年のリリィです!   豪田ヨシオ部インターン卒業生のインタ … 続きを読む»

自分の将来と真剣に向き合える! 社会貢献×長期インターンの魅力‼

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生、立教大学新3年のノッチです! 4月に入り、すっかり春の日差しが心地よい毎日です … 続きを読む»