ゴミ拾いでトビハゼを救え!荒川クリーンエイド大作戦

2017.05.19 (金)

募集終了(NPO)

皆さん、こんにちは。
今回は荒川流域で環境保全活動を行う、NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムさんの活動をご紹介します!
 
「環境保全に興味がある」
「ボランティアをやってみたい」

 
そんな方にオススメの活動です。

 

トビハゼのすむ泥干潟が今、ピンチです


 
東京湾を生息の北限とする、その湾から一度は姿を消していた準絶滅危惧種“トビハゼ”。

NHK Eテレ 2355 で放送されていた トビハゼのトビー に癒された方も多いのではないでしょうか。

彼らの生息する荒川の泥干潟が、今、危機的な状況にあります。

水質が改善されるなど徐々に個体数が回復傾向にあったトビハゼ。

そんな彼らの生息場の1つを次に襲ったのは人の出した“ゴミ”でした。

NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムさんは彼らを救うため、彼らの生息する泥干潟において清掃活動を複数回実施し、干潟を保全しています。

清掃活動前後にはモニタリング調査を実施し、トビハゼの生息数の確認や生息環境を調べ、貴重な泥干潟を守ります。
 
トビハゼの住み家を守る、クリーンエイドプロジェクトとは……?詳しくはこちら

▼シェアをお願い致します!▼

あわせて読みたい!

レポート一覧

最新の投稿

過去の投稿